絹代日記

日々の出来事
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 伝統工芸青山スクエア 針谷祐之作品展 | main | 夜はお蕎麦 >>

来待石 体験

伝統工芸青山スクエアで島根県来待石の展示がされていて、体験コーナーがありましたので、来待石勾玉ペンダント作りに挑戦しました。
石に穴を開けて、ひたすら研ぐ(^^;;
地味な作業ですが…
来待石は柔らかく、手動ドリルで穴が空く硬さでした。
知らない伝統的工芸品がまだまだありますねぇ〜
趣味 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

初めまして
来待石についてですが、手動ドリルで穴が開くんですか?
実は来待石も加工品を所有してますが、今度石に穴を開けようと思いネットで情報を調べてました。

手動のドリルビットでも穴を開けることは可能ですか?
このドリルビットは木工で使ってましたが、来待石は柔らかくて加工し易いと聞くんですが、実際にどんな感じですか?
yamasan | 2018/05/08 4:31 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinuyo.urushiarthariya.com/trackback/1129585
この記事に対するトラックバック